産経ニュース

童心社60年展 紙芝居や「いない いない ばあ」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


童心社60年展 紙芝居や「いない いない ばあ」

童心社60年展の紙芝居コーナー(提供写真) 童心社60年展の紙芝居コーナー(提供写真)

 『いない いない ばあ』をはじめ数々の絵本を世に送り出した童心社(東京都文京区)が創立60周年を迎え、東京・銀座の教文館ビルで展覧会「童心社60年展-ずっと子どもと もっと子どもと-」が開かれている。

 展覧会では、シリーズで累計1712万部のロングセラー「松谷みよ子 あかちゃんの本」から『いない いない ばあ』(絵・瀬川康男)『のせて のせて』(絵・東光寺啓)『おさじさん』(同)や、『おしいれのぼうけん』(作・古田足日/田畑精一)など年月を超えて人気がある作品の原画約60点を展示。繊細なタッチや柔らかな描線を間近に確かめることができる。

 紙芝居からスタートした同社らしく、会場には絵本と並んで紙芝居もずらり。土曜と日曜は午後1時半と2時半に紙芝居上演を見ることができ、盛況となっている。『いない いない ばあ』の世界に入って記念写真も撮れる。

 童心社の田中正美社長はオープニングセレモニーで「子供たちに豊かな心を持って未来を築いてほしいと思ってやってきた。その役割の重さを今、かみしめている」と話していた。

 4月9日まで。午前10時~午後7時(最終日は同5時)。入場無料。問い合わせは童心社(電)03・5976・4181。(小川記代子)

「ライフ」のランキング