産経ニュース

【書評】子守歌を歌ってくれた“ばあや猫”のぬくもり 『寝ても さめても 猫と一緒』熊井明子著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
子守歌を歌ってくれた“ばあや猫”のぬくもり 『寝ても さめても 猫と一緒』熊井明子著

『寝ても さめても 猫と一緒』熊井明子著 『寝ても さめても 猫と一緒』熊井明子著

 著者は「生まれた時から家に“ばあや猫”がいて…」と記す。その猫は母性愛にあふれ、赤ちゃんだった著者を優しく抱き、ゴロゴロとのどを鳴らす子守歌で眠りに誘ってくれたという。

 定かな記憶ではなく、そのぬくもりを肌が覚えていて、それが猫との初めての出合いだった。

 本書では数々の猫たちとのかかわりを通して、「昭和の猫たち」のたくましさと、それに比べて平成の猫たちを飼う人々の過保護、過干渉ぶりなどを淡々とつづる。

 猫好きは無論のこと、2つの元号にわたる生活の変遷も読んでみてとれる。(河出書房新社・1600円+税)

「ライフ」のランキング