産経ニュース

【書評】「審議官」や「ファウンダー」…知られていない肩書きでも実は偉いんです 『出世と肩書』藤澤志穂子著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
「審議官」や「ファウンダー」…知られていない肩書きでも実は偉いんです 『出世と肩書』藤澤志穂子著

『出世と肩書』藤澤志穂子著 『出世と肩書』藤澤志穂子著

 「人は差別をする生き物」ともいう。人事異動の噂を皆、大好きなのは自分と比べて一喜一憂するからだ。ただ、もっともらしい肩書と仕事の中身は必ずしも一致しない。例えば官公庁の事務次官は、「次」と付くため偉くないように見えるが事実上のトップ。それに続く官房長や審議官の偉さを知る人は少ない。民間企業でも代表取締役名誉会長、ファウンダーなど「どれくらい偉いの?」という、不思議な肩書が増えてきた。

 本書はその裏事情を現役の新聞記者がひもとく。とりあえず「個室を持つ人は間違いなく偉い」ことだけは覚えておこう。(新潮新書・760円+税)

「ライフ」のランキング