産経ニュース

SNSに映える…「パプリカ」が演出する料理の彩り 需要が増え、国産の参入も相次ぐ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


SNSに映える…「パプリカ」が演出する料理の彩り 需要が増え、国産の参入も相次ぐ

パプリカも入っているあんかけ焼きそばの盛りつけをする参加者=東京・丸の内 パプリカも入っているあんかけ焼きそばの盛りつけをする参加者=東京・丸の内

 ◆輸入量の10分の1

 パプリカはピーマンと同じナス科の植物で、老化を防ぐとされる抗酸化成分やビタミンCが豊富に含まれていることも人気の背景だ。財務省の貿易統計によると、平成28年の輸入量は約4万トンで18年に比べ約1・8倍になった。農林水産省の統計によると、国内の26年の出荷量は約3500トンで、同年の輸入量の10分の1にとどまる。

 写真交流アプリ「インスタグラム」で料理を毎週投稿する神奈川県の30代の会社員女性は「カラフルな方が写真映えするので毎週使うが、ほとんどが輸入品。子供のために安心できる国産を使いたい」と話す。

 ◆付加価値で勝負

 需要の高まりを受け、生産サイドにパプリカの栽培に参入する動きが活発になっている。

 高知県南国市のJA南国市は今年2月、パプリカの栽培が盛んなオランダの先端技術を取り入れた大型ハウスを設置した。面積は約7千平方メートルで、建設費の約3・4億円は高知県や南国市からの補助金などを活用した。ピーマンとパプリカを栽培し、パプリカは5月に収穫を開始し年間計画収穫量は52トンだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • SNSに映える…「パプリカ」が演出する料理の彩り 需要が増え、国産の参入も相次ぐ
  • SNSに映える…「パプリカ」が演出する料理の彩り 需要が増え、国産の参入も相次ぐ
  • SNSに映える…「パプリカ」が演出する料理の彩り 需要が増え、国産の参入も相次ぐ

「ライフ」のランキング