産経ニュース

【第88期棋聖戦決勝トーナメント】木村一基八段と村山慈明七段が2回戦へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第88期棋聖戦決勝トーナメント】
木村一基八段と村山慈明七段が2回戦へ

 指し直し局は午後8時14分、残り時間が三浦九段1時間、木村八段1時間2分で、三浦九段の先手で開始。相矢倉で進み、三浦九段が急戦策を取ったが、中盤以降は木村八段のペースで、午後11時11分、114手で三浦九段が投了した。残り時間は木村八段13分、三浦九段1分。

 木村八段は、28日に行われる森内俊之九段(46)対斎藤慎太郎七段(23)の勝者と対戦する。

 【村山慈明七段-対山崎隆之八段】(大阪市の関西将棋会館)

 村山七段は今期、決勝トーナメントからの出場で、本局が初戦。前期は挑戦者決定戦まで進出したが、永瀬拓矢六段(24)に敗れ、初のタイトル挑戦はならなかった。決勝トーナメントを戦うのは連続4期目で、初めて決勝トーナメント進出を果たした第85期にも挑戦者決定戦まで勝ち上がった。

 山崎八段は今期、2次予選から出場。畠山鎮七段(47)、村田顕弘五段(30)、久保利明九段(41)=現王将=を破り、決勝トーナメントに駒を進めた。決勝トーナメントを戦うのは連続2期目となる。

 対戦成績は山崎八段の4戦4勝で、棋聖戦では初顔合わせ。

 振り駒の結果、村山七段の先手で始まった。中盤以降、村山七段が確実にリードを広げ、午後5時28分、71手で山崎八段が投了した。残り時間は村山七段7分、山崎八段1時間40分。

 村山七段は2回戦で佐藤康光九段(47)と対戦する。

「ライフ」のランキング