産経ニュース

【問題の裏側】「エゴ」といわれた吉祥寺東町住民の「保育園作って」の陳情を武蔵野市議会が不採択 「住民対立をもたらしかねない」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【問題の裏側】
「エゴ」といわれた吉祥寺東町住民の「保育園作って」の陳情を武蔵野市議会が不採択 「住民対立をもたらしかねない」

吉祥寺東町のましゅまろ保育園の開園に反対した住民が代替地として提示した市有地。もとは医院だった。反対した住民代表の家からすぐ近くにある=昨年11月、東京都武蔵野市吉祥寺東町(三枝玄太郎撮影) 吉祥寺東町のましゅまろ保育園の開園に反対した住民が代替地として提示した市有地。もとは医院だった。反対した住民代表の家からすぐ近くにある=昨年11月、東京都武蔵野市吉祥寺東町(三枝玄太郎撮影)

 昨年9月、私立の認可保育所の開設を断念した際に反対運動を行った女性が提出した認可保育所の設置を求める陳情が7日、武蔵野市議会文教委員会(川名ゆうじ委員長)で不採択となった。陳情は、これまで継続審議になっていた。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)

 陳情していたのは、武蔵野市吉祥寺東町に自動販売機管理会社「ベンダーズ」(埼玉県)が計画した「ましゅまろ保育園」の開園に反対していた地元住民の女性。昨年9月27日に陳情書を提出していた。

 この陳情書が提出された直後の昨年9月29日に、ベンダーズが開設を断念する旨を武蔵野市に通知してきた。現在、ベンダーズは武蔵野市を相手取り、損害賠償を求め、東京地裁立川支部に提訴している。

 陳情は、「『平井医院跡地』市有地及び南町3丁目市有地などを活用し、『緊急待機児童解消に向けて、公募選定での地域から信頼の置ける事業者による認可保育所設置』を求めることに関する陳情」。

 ほかに、同じ同市吉祥寺東町の住民約230人が「東町の市有地・民有地等に保育園設置を求めることに関する陳情」を今年2月16日に提出。複数の公園用地を具体的に挙げ、検討するよう申し入れていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「エゴ」といわれた吉祥寺東町住民の「保育園作って」の陳情を武蔵野市議会が不採択 「住民対立をもたらしかねない」
  • 「エゴ」といわれた吉祥寺東町住民の「保育園作って」の陳情を武蔵野市議会が不採択 「住民対立をもたらしかねない」

関連ニュース

「ライフ」のランキング