産経ニュース

【STOP!メタボリックシンドローム】ブロッコリー新芽で肥満抑制 脂肪細胞褐色化→エネルギー消費増大

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【STOP!メタボリックシンドローム】
ブロッコリー新芽で肥満抑制 脂肪細胞褐色化→エネルギー消費増大

 今後は人での臨床試験で効果を実証していく。摂取量は1回50~100グラム(市販の1~2パック程度)を想定。3日に1回ほど、よく咀嚼(そしゃく)して食べることで効果が得られるのではないかと推測している。

 太田准教授は「脂肪の褐色化と腸内細菌叢の改善は、肥満やメタボ研究で注目されているポイント。生活習慣病の予防効果が期待できる」と話している。

 ■スムージーや薬味代わりに

 芽物野菜などを手掛ける「村上農園」(広島市)では、平成11年からブロッコリースプラウトの生産を開始。発芽3日で収穫し、高濃度のスルフォラファンが含まれるブロッコリースーパースプラウトの出荷量は26年以降急増している。

 お勧めの食べ方は、果物とミキサーにかけたスムージー。薬味代わりに納豆に混ぜてもいい。同社では「健康への効果が明らかになってきている。気軽に食事に取り入れてほしい」と話している。同社ホームページ(http://www.murakamifarm.com/)にレシピが紹介されている。

このニュースの写真

  • ブロッコリー新芽で肥満抑制 脂肪細胞褐色化→エネルギー消費増大

「ライフ」のランキング