産経ニュース

タンチョウの生息範囲拡大 北海道17市町村で確認

ライフ ライフ

記事詳細

更新


タンチョウの生息範囲拡大 北海道17市町村で確認

給餌場に飛来した国の特別天然記念物タンチョウ=1月29日、北海道鶴居村 給餌場に飛来した国の特別天然記念物タンチョウ=1月29日、北海道鶴居村

 北海道は28日、国の特別天然記念物タンチョウの生息数調査で、昭和27年度に調査を始めて以来最多の道内17市町村でタンチョウを確認、生息範囲が広がっていることが分かったと明らかにした。これまでは平成27年度に12市町村で確認したのが最多だった。

 北海道東部を中心に道内23市町村の給餌場など174カ所で1月25日に実施し、17市町村の85カ所で1236羽を確認した。過去最多だった27年度の1320羽と比べて微減。給餌場を含む畑や牧草地での目撃が減り、河川での目撃が増える傾向にあるという。

 環境省は絶滅の危機にあったタンチョウの冬場の餌不足を補うため、釧路市と鶴居村の3カ所で昭和59年度から給餌活動をした。千羽を超えたことや、生息域の集中による感染症のリスク分散のため、平成27年度からは給餌量を段階的に減らしている。

このニュースの写真

  • タンチョウの生息範囲拡大 北海道17市町村で確認

「ライフ」のランキング