産経ニュース

繁殖に向け「リーリー」と「シンシン」の公開中止 上野動物園、発情の兆候

ライフ ライフ

記事詳細

更新


繁殖に向け「リーリー」と「シンシン」の公開中止 上野動物園、発情の兆候

ジャイアントパンダの雄のリーリー(公益財団法人東京動物園協会提供) ジャイアントパンダの雄のリーリー(公益財団法人東京動物園協会提供)

 上野動物園(東京都台東区)は21日、ジャイアントパンダの雄、リーリーと雌、シンシン(いずれも11歳)の公開を22日から中止すると発表した。シンシンに発情兆候が見られたため、普段は別々の部屋で飼育しているが、繁殖に向けて同居の準備をする。

 動物園によると、シンシンは15日ごろからリーリーのにおいを気にする様子を見せ、鳴き声を発したり、体の一部を冷やしたり発情に関わる行動を見せた。早ければ数日内にも同居を始める。交尾しなかった場合は、人工授精も検討する。

 園は落ち着いた環境を整えるため、1月17日から展示場所近くにフェンスを設置。見学は展示場所とフェンスの間の「観覧通路」に限定していた。

 パンダの繁殖期は2~5月で、期間中に雌の妊娠の可能性が高まるのは数日間とされる。

このニュースの写真

  • 繁殖に向け「リーリー」と「シンシン」の公開中止 上野動物園、発情の兆候

「ライフ」のランキング