産経ニュース

多様化する鳥ウイルス パンデミックへの備えは大丈夫か 専門家「再検討する時期」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


多様化する鳥ウイルス パンデミックへの備えは大丈夫か 専門家「再検討する時期」

 ◆複数条件で

 ワクチンに限らず、対策の前提であるパンデミックの被害想定は、10年以上前に作られた古いもの。「国内の医療の状況を反映していない」とも指摘されていた。

 そこで、前回のパンデミックの経験も踏まえ、被害想定見直しのための研究が動き出した。北海道大の西浦博教授(感染症疫学)を中心とする研究班は、さまざまな分野の専門家の予想や分析を基に、複数の条件を置いた被害シナリオを作成する予定だ。

 厚生労働省の新型インフルエンザ対策小委員会の委員長を務める岡部信彦・川崎市健康安全研究所長は「審議会や有識者会議の議論はどちらかといえば、ワクチンや薬の備蓄の量や方法といった各論に重きが置かれてきた。しかし、情勢の変化を踏まえて、対策の在り方を総合的に再検討する時期が来ていると思う」と話している。

このニュースの写真

  • 多様化する鳥ウイルス パンデミックへの備えは大丈夫か 専門家「再検討する時期」

「ライフ」のランキング