産経ニュース

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】似ていることの喜び

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】
似ていることの喜び

(森佐智子・文 MAYA MAXX・絵) (森佐智子・文 MAYA MAXX・絵)

 平成14年に福音館書店から刊行された「しろねこしろちゃん」(森佐智子・文 MAYA MAXX・絵)は、子供にとって自分が大好きな親と似ていることに安心感や喜びを抱き、その感情経験が子供のアイデンティティーを育んでいくことを教えてくれます。

 真っ黒なお母さんネコから、3匹の黒ネコと1匹の白ネコが生まれました。自分だけが白い毛並みであることに気づいた「しろちゃん」は黒くなりたくて泥や炭を体にこすりつけるのですが、すぐにお母さんになめられて白い毛に戻されてしまいます。ある日、しろちゃんは、大きくて真っ白いネコ-お父さんに会うのです。うれしそうにしろちゃんを見つめるお父さんより、しろちゃんはもっとうれしかったのです。

 本の裏表紙には、家族6匹がそろった絵が描かれています。

 4歳のKちゃんはこの絵本を読んでもらった後、すぐに先生のもとに行き、自分の頬のホクロを指さしながら「このホクロね、パパと同じなのよ」とうれしそうに話しました。Kちゃんの両親は、彼女が2歳のときに離婚し、Kちゃんにお父さんの記憶はありません。それにもかかわらず、Kちゃんは自分がお父さんと似ているところを知っていました。そして、絵本の中のしろちゃんと自分を重ね合わせ、父親の存在とその繋(つな)がりを喜んだのです。1人でKちゃんを育ててきたお母さんは、「若くして結婚し、夫婦は別れたけれど、彼と愛し合って、Kが望まれて生まれてきたのだということを伝えたかったのです。だから、Kが知りたいことは教えてきました」と話しました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 似ていることの喜び

「ライフ」のランキング