産経ニュース

プレミアムフライデー 「花金」再来? 問われる働き方改革

ライフ ライフ

記事詳細

更新


プレミアムフライデー 「花金」再来? 問われる働き方改革

ザ・プリンス さくらタワー東京の宿泊プラン「プレミアムアフター3」のイメージ。アフタヌーンティーを楽しみ、広めの客室で週末の夜をゆっくり過ごす(プリンスホテル提供) ザ・プリンス さくらタワー東京の宿泊プラン「プレミアムアフター3」のイメージ。アフタヌーンティーを楽しみ、広めの客室で週末の夜をゆっくり過ごす(プリンスホテル提供)

 経済産業省と経団連、業界団体などが協力し、月末の金曜日に勤務先からの早帰りを促し、消費を喚起する取り組み「プレミアムフライデー(PF)」が24日から実施される。金曜午後からの旅行や食事、レジャーなどのイベント準備が進むが、早帰りが定着するかは不透明。短い時間で生産性を上げる働き方改革に注目が集まる。(櫛田寿宏、村島有紀)

ホテルで優雅に

 経済産業省は、広報費など今年度予算に2億円を計上し、推進協議会を立ち上げた。事務局の博報堂がPRサイト(https://premium-friday.go.jp)を開設し、企業の取り組み事例を紹介している。

 例えば、「バブル以来の“花金”の復活 月末の金曜日はホテルへGO!」と題し、オトナの寄り道プランを提供するのは、ホテルニューオータニ幕張(千葉市)だ。例年ランチタイムに人気のイチゴビュッフェ「ホテルでいちご狩り」を24日午後5時半から特別開催する。

 ホテルステイの企画もある。ザ・プリンス さくらタワー東京(東京都港区)では、アフタヌーンティーを目玉にした宿泊プラン(2万119円~)を用意。客室のチェックアウト時間を通常より3時間延長し、プレミアム感を演出する。「都心のホテルで、非日常の時間を味わっていただきたい」と広報担当者。

 また、買い物だけでなく、体験型の“コト消費”を勧める高島屋新宿店(渋谷区)。メークや着付けなど、「自分磨き」に関連したイベントを開催する。

続きを読む

このニュースの写真

  • プレミアムフライデー 「花金」再来? 問われる働き方改革

「ライフ」のランキング