産経ニュース

日本学術会議が軍事研究めぐりシンポ 「世界中から不信感持たれる」「平和哲学ない科学技術は凶器だ」と反対意見が大勢占め…

ライフ ライフ

記事詳細

更新


日本学術会議が軍事研究めぐりシンポ 「世界中から不信感持たれる」「平和哲学ない科学技術は凶器だ」と反対意見が大勢占め…

日本学術会議が開いたシンポジウム=4日午後、東京都港区 日本学術会議が開いたシンポジウム=4日午後、東京都港区

 軍事的な研究は行わないとした過去の声明を見直すかどうか検討している日本学術会議は4日、有識者や一般から意見を聞くシンポジウムを都内で開催した。参加者からは「態度を変えたら世界中から不信感を持たれる」などと見直しに反対する意見が相次いだ。

 学術会議の検討委員会は先月、中間報告を公表したが意見の隔たりが大きく論点整理にとどまり、声明見直しの是非については判断を示していない。4月にまとめる最終報告に向け、シンポジウムには大学教員など約300人が参加した。

 防衛省が助成している軍事と民生の両方に応用可能なデュアルユース(軍民両用)の基礎研究に、大学などが参加することの是非が議論の焦点。企業は既に参加しているが、多くの大学は参加の是非について明確なルールを定めていない。

 この日の議論では「企業はいいが、大学は駄目というのはおかしい」という賛成意見も一部にあったが、「基礎研究と軍事研究の線引きは不可能」「平和利用の哲学がない科学技術は凶器だ」などの反対意見が大勢を占めた。

 また「学術会議だけでなく大学や学会も交えた議論が必要」「防衛と軍事は違う。防衛省の助成制度に応募しないよう(声明に)明記すべきだ」とする意見も出された。

続きを読む

「ライフ」のランキング