産経ニュース

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】成長を支える

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】
成長を支える

 絵本の読み手は成長とともに、その作品の中に新たな意味を見いだしていくことができます。大学生のCさんは、就職活動真っただ中のとき、子供の頃に読んだ「ぐるんぱのようちえん」(西内ミナミ・作 堀内誠一・絵)と再会しました。

 福音館書店から昭和40年に刊行された絵本です。無精で弱虫のゾウ「ぐるんぱ」は、仲間に後押しされて働きに出ます。ビスケット作りに始まり、皿、靴、ピアノ、自動車をはりきって作るのですが、できあがったものはいつも特大のものばかり。「もうけっこう」と断られてしまいます。ぐるんぱの「しょんぼり」は増え、また元の弱虫に戻りそうになったとき、12人の子だくさんの母親から、子供たちの面倒を見てほしいと頼まれます。ぐるんぱは作ったもので幼稚園を開きます。たくさんの子供たちの笑顔があふれ、ぐるんぱは自信をもって「ぼくはおおきなぞうだぞぅ」と歌うという物語です。

 幼い頃、自分もぐるんぱの幼稚園に通ってみたいと繰り返し読んだCさんがこの絵本に再会したのは、周りの友達は次々と就職が決まっていく中、自分は内定をもらえずにいたときでした。「ぐるんぱに向けられた『もうけっこう』の言葉に、今の自分を重ねて涙が出そうになった。そのつらさが痛いほどわかる」。Cさんはそう言いました。

続きを読む

「ライフ」のランキング