産経ニュース

【確定申告のポイント!(中)】医療費10万円超なら節税に…領収書、レシート集めて 市販薬購入の新制度も

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【確定申告のポイント!(中)】
医療費10万円超なら節税に…領収書、レシート集めて 市販薬購入の新制度も

 確定申告の中で多くの人に関係があるのが「医療費控除」だ。平成28年に本人や家族が支払った医療費のうち10万円を超える分を課税対象となる所得から差し引く(控除する)ことができる。申告すれば、差し引いた所得にかかっていた税金が戻ってくる仕組み。どういった医療費が控除対象になるのかなど注意点を押さえたい。

申告の仕方

 控除額は最高で200万円。所得が200万円未満の人は、所得の5%を超えた分が対象で、医療費が10万円を超えていなくても、医療費控除が受けられる。申告には、医療費を実際に支払った領収書やレシートを集める必要があり、合計金額を計算する。

 医療費の計算方法にも注意してほしい。保険会社などからの給付金は差し引かないといけない。社会保険からの出産手当金といった給付金の一部は差し引かなくてもよく確認が必要だ。

治療かどうか

 健康診断や人間ドックは治療が目的ではないので対象にならないが、検査結果で病気が発見され、治療を開始した場合は診断費も対象となる。インフルエンザといった予防接種は認められない。

 不妊治療にかかる費用は対象。はりやマッサージは、資格を持つ医師や指圧師による治療目的の施術のみ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 医療費10万円超なら節税に…領収書、レシート集めて 市販薬購入の新制度も

「ライフ」のランキング