産経ニュース

「PPAP」、ピコ太郎さんと関係ない会社が商標登録出願

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「PPAP」、ピコ太郎さんと関係ない会社が商標登録出願

ピコ太郎さん(撮影・春名中) ピコ太郎さん(撮影・春名中)

 歌手、ピコ太郎さんの世界的なヒット曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」のPPAP(ピイピイエイピイ)などが、ピコ太郎さんとはまったく関係のない会社に先に商標登録出願されていることが27日、分かった。

 PPAPを商標登録出願しているのは、商標をビジネスにしているとされる大阪の会社で、元弁理士が経営。出願は平成28年10月5日だった。ピコ太郎さんが所属する事務所の親会社「エイベックス・グループ・ホールディングス」は、同月14日の出願で9日遅かった。

 元弁理士の会社は「ペンパイナッポーアッポーペン」も同年11月24日に出願。商標の権利を本来の使用者に売り、利益を上げることが目的とみられる。27年には日本の商標出願数の約1割、約1万4千件をこの会社と元弁理士が出していた。

「ライフ」のランキング