産経ニュース

氷点下11度…ふんどし姿で湯かけ合う 群馬・川原湯温泉

ライフ ライフ

記事詳細

更新


氷点下11度…ふんどし姿で湯かけ合う 群馬・川原湯温泉

湯かけ祭りで、湯をかけ合うふんどし姿の参加者=20日早朝、群馬県長野原町川原湯(納冨康撮影) 湯かけ祭りで、湯をかけ合うふんどし姿の参加者=20日早朝、群馬県長野原町川原湯(納冨康撮影)

 群馬県長野原町の川原湯温泉の共同浴場「王湯」で20日早朝、伝統の「湯かけ祭り」があり、紅白に分かれたふんどし姿の若者らが無病息災を祈願し、湯をかけ合った。

 約400年前、湯が枯れた源泉に村人が鶏をささげると再び湧き出し「お湯湧いた」(お祝いだ)と湯をかけ合ったのが起源とされる。

 午前6時ごろ、氷点下11度まで冷え込む中、60人の男たちが「お祝いだ、お祝いだ」と叫びながら威勢よくおけにくんだ湯をかけ合った。約150人の見物客も、湯しぶきを浴びながら写真を撮るなど勇壮な奇祭を堪能した。

 合戦後、鶏が入ったくす玉を目がけて湯をかけ、中から飛び出した鶏を湯の神に奉納した。鶏を捕まえて今年の福男となったシンガポールから来た会社員、モミ・イズミダさん(32)は「一年の初めで運に巡り合えた。今年しっかりやっていこうと思う」と気を引き締めた。

 もう一人の福男の東京都目黒区の会社員、吉田裕紀さん(31)は「寒い中、無事にやれてよかった。福男になったのでいい一年にしていこうと思う。今一番やりたいことはお風呂に入ること」と体を震わせながら喜びを語った。

このニュースの写真

  • 氷点下11度…ふんどし姿で湯かけ合う 群馬・川原湯温泉
  • 氷点下11度…ふんどし姿で湯かけ合う 群馬・川原湯温泉
  • 氷点下11度…ふんどし姿で湯かけ合う 群馬・川原湯温泉
  • 氷点下11度…ふんどし姿で湯かけ合う 群馬・川原湯温泉

「ライフ」のランキング