産経ニュース

行こうぜ!山へ狩りに ハンター育成へ、猟友会と自治体がタッグ、各地で初心者講座

ライフ ライフ

記事詳細

更新


行こうぜ!山へ狩りに ハンター育成へ、猟友会と自治体がタッグ、各地で初心者講座

「ハンター養成スクール」で、ベテラン猟師(手前)から待ち伏せ地点の指示を受ける参加者 =鳥取県三朝町 「ハンター養成スクール」で、ベテラン猟師(手前)から待ち伏せ地点の指示を受ける参加者 =鳥取県三朝町

                   

【用語解説】狩猟

 鳥獣保護法により、鳥や獣の捕獲には狩猟免許が必要。免許は銃の種類や、わな、網などの猟具によって区別される。20歳以上で受けられる試験は、筆記と適性、技能があり、各都道府県で毎年数回、開かれる。銃の所持は公安委員会の許可を受ければ可能。狩りに出るには狩猟期間を守り、事故に備え、猟友会に入って共済の対象となるか、3千万円以上の補償が適用される保険に加入し、狩猟者登録をしなくてはならない。

このニュースの写真

  • 行こうぜ!山へ狩りに ハンター育成へ、猟友会と自治体がタッグ、各地で初心者講座
  • 行こうぜ!山へ狩りに ハンター育成へ、猟友会と自治体がタッグ、各地で初心者講座

「ライフ」のランキング