産経ニュース

【話の肖像画】駐日サンマリノ大使・マンリオ・カデロ(3)「源氏物語は世界で一番古い『ロマンス!!』。日本はおもしろい」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
駐日サンマリノ大使・マンリオ・カデロ(3)「源氏物語は世界で一番古い『ロマンス!!』。日本はおもしろい」

ジャーナリスト時代、中曽根康弘首相(当時、左)と ジャーナリスト時代、中曽根康弘首相(当時、左)と

 〈留学先のパリ・ソルボンヌ大学で日本人学生と出会い、日本に興味を抱くようになった〉

 パリでの留学時代、私よりちょっと年上の日本人留学生とすごく仲良くなり、次第に日本のことに興味を持つようになりました。周囲の留学生はオランダ人、米国人、スウェーデン人と、体が大きい人ばかり。彼と私は、大きくない者同士なので仲良くなりました。そのころはまだ日本語ができなかったので、会話はフランス語でした。

 同じころ、フランス語で紫式部の源氏物語を読んだことも大きかったですね。11世紀の初めに、こんなノベル(小説)はどこにもなかったんですよ。たぶん、源氏物語は世界で一番古い「ロマンス!!」。あの時代にあるのはほとんど、神話かノンフィクションでしょう。だから非常に日本はおもしろいと思いました。すごく日本に行ってみたい気持ちになったので、パリの日仏文化会館が週に2、3回開く日本語会話の講座に通いました。

 〈大学では語源学を専攻した〉

 言葉のルーツを調べるのが専門でした。たとえば英語の「OK」。いろいろな説がありますが、有力な説の一つが、OKはもともと英語の軍隊用語で、ゼロ・キルド(zero killed)。つまり誰も死んでいないという意味です。だから昔、戦場から戻ってきたときに「OK」と告げると誰も死んでいないということ。「ノットOK」だと誰かが戦死したことを意味しました。多くの人は知りませんよね。そのほか、例えば米国のフィラデルフィア。これはギリシャ語でブラザーフッド、兄弟愛の意味です。たくさん言葉があるけど、ルーツはあまり知られていません。それを調べるのが面白かった。

続きを読む

「ライフ」のランキング