産経ニュース

厚労省60人職員 中央省庁初のイクボス宣言

ライフ ライフ

記事詳細

更新


厚労省60人職員 中央省庁初のイクボス宣言

イクボス宣言をする塩崎恭久厚生労働相と厚労省職員=27日、厚労省(道丸摩耶撮影) イクボス宣言をする塩崎恭久厚生労働相と厚労省職員=27日、厚労省(道丸摩耶撮影)

 部下の育児や介護、ワークライフバランスに理解ある上司、通称“イクボス”になろうと、東京・霞が関の厚生労働省で27日、塩崎恭久厚労相を含む職員約60人が中央省庁初のイクボス宣言を行った。

 宣言は「仕事を効率的に終わらせ早く帰る部下を評価します」「『男なのに育休?』とは絶対に思いません」など6項目。6項目目は個人が自由に定めるとしており、塩崎氏は「社会の働き方、厚労省の働き方を変えていく」と記した。

 イベントを企画したのは同省の若手職員。普段は上からの指示で動く中央省庁だが、「自分も13年前に育休取得した。理解しているつもりだが、もっと進めないと」(樽見英樹官房長)など、この日は上司がこぞってイクボス宣言した。

このニュースの写真

  • 厚労省60人職員 中央省庁初のイクボス宣言

「ライフ」のランキング