産経ニュース

ウィッツ青山、来年4月から神村学園に

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ウィッツ青山、来年4月から神村学園に

 三重県伊賀市の「ウィッツ青山学園高」の広域通信制で不適切な指導が行われていた問題で、同市の岡本栄市長は26日、文部科学省を訪れ、同高の運営が来年4月以降、現在の株式会社ウィッツから鹿児島県いちき串木野市の学校法人神村学園に交代することを義家弘介副大臣に報告した。校名は神村学園高等部伊賀分校となり、ウィッツ青山の在校生を受け入れる。

 同高は、国から教育特区の認定を受けた伊賀市が設置を認可。市は同高を継続させるため、申し出のあった7者から、高校教育の実績などを基に神村学園を選定した。市は来年4月1日付で特区認定を返上する。

 岡本市長は報告後、「市の責任が問われる事案。保護者や生徒の不安のないようにみていかなければならない」と述べ、卒業認定に必要な単位が不足していた同高生徒の補習費用約600万~700万円を株式会社ウィッツに請求する考えを示した。

「ライフ」のランキング