産経ニュース

ノロウイルス猛威、1週間の患者数5万4000人超 各地で「警報」…手洗いなど呼びかけ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ノロウイルス猛威、1週間の患者数5万4000人超 各地で「警報」…手洗いなど呼びかけ

 国立感染症研究所は13日、ノロウイルスなどで激しい下痢や嘔吐(おうと)などの症状を起こす「感染性胃腸炎」の患者数が、11月28~12月4日の1週間で、1医療機関当たり17.37人に上ったと公表した。平成18、24年に次ぐ高い水準で、各地で「警報」が発令された。厚生労働省などは、食事や調理前の手洗いなどの徹底を呼びかけている。

 ノロウイルスは冬に多発する食中毒の原因として知られる。感染研によると、全国約3千の定点医療機関から報告された平均患者数は、11月から急増し、12月4日までの1週間の患者数は5万4876人。例年より早く流行が始まった。

 1医療機関当たりでは、昨年同期比の約3倍となった。都道府県別で最も多かったのは、宮城で45.75人。次いで、山形(33.47人)、三重(27.71人)、埼玉(26.73人)、東京(26.64人)、神奈川(23.62人)の順となった。20人を超えると警報レベルを突破し、東京、埼玉、千葉、神奈川など各自治体が警報を出している。

 ノロウイルスに感染すると、1~2日間の潜伏期間を経て、嘔吐や下痢を繰り返す。通常は数日で回復に向かうが、持病のある人や高齢者などが発症すると死に至る場合もある。

「ライフ」のランキング