産経ニュース

【聞きたい。】『本当はブラックな江戸時代』の永井義男さん 住民守らない町奉行、餓死する隣人見て見ぬふり…無条件の美化に一石

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
『本当はブラックな江戸時代』の永井義男さん 住民守らない町奉行、餓死する隣人見て見ぬふり…無条件の美化に一石

永井義男氏 永井義男氏

 11歳や12歳で奉公に出て、休日は年に2日。長期休暇がもらえるのは9年目。住み込みのため独身を強いられ、番頭まで勤め上げた40代になってようやく結婚できた-。

 「華やかに見える日本橋の大店(おおだな)でも、江戸の商家の勤務実態は現代から見るとブラック企業。本のタイトルを編集者に示されたときは抵抗がありましたが、今は時宜を得たものだったかなと思います」

 江戸は豊かで清潔、町は安全で、長屋には人情が満ちていたなど、江戸を賛美する本は数多い。日本人はすごかったと褒められれば、読者も悪い気はしない。だが、永井さんは当時の風俗小説や随筆、日記などの記述から、悲惨な実相を次々に突きつける。

 いわく、江戸の水を飲むと下痢をする、町奉行は市民を守ってくれない、餓死する隣人を見て見ぬふり、子供の虐待等々。図版も豊富で、蓋もしない肥桶(こえおけ)をかつぐ掃除人とすれ違い、鼻をつまむ人たちの絵は強烈だ。錦絵や浮世絵で見るハレの世界とは別物の「日常」が浮かび上がる。

 「全て暗黒だったというつもりはないし、同時代のヨーロッパや中国と比べるとはるかに清潔で貧富の差が少ない社会だった。ただ、無条件に美化する風潮はどうにかしたいとずっと思っていました」

続きを読む

このニュースの写真

  • 『本当はブラックな江戸時代』の永井義男さん 住民守らない町奉行、餓死する隣人見て見ぬふり…無条件の美化に一石

「ライフ」のランキング