産経ニュース

【就活リサーチ】留学生への高い期待 日本企業との距離や情報量のハンデは減りつつある

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【就活リサーチ】
留学生への高い期待 日本企業との距離や情報量のハンデは減りつつある

 近年、大手企業にとどまらず、中堅・中小でも海外展開する企業が多いなか、国際的に活躍できる人材へのニーズが高まっています。海外の大学に通う日本人留学生に対して企業からの期待は大きく、語学力のみならず、留学生活から得た能力や知識、さらに行動力や主体性を持つ人材として注目されています。

 しかし、海外の大学に通う留学生が、日本の企業に就職しようとすると、日本との距離が障壁となるほか、学事スケジュールが違っていたり、情報量が少なかったりとハンデが多いものです。留学はしたいけれども、就職活動が不安だという人もいるかもしれません。当社の調査で留学した学生に困ったことを尋ねたところ、最も多かったのは「就職活動の進め方」でした。

 しかし最近、留学生の就活を取り巻く環境は変化しています。ウェブセミナーやインターネット電話「スカイプ」など動画ツールを使った採用手法を導入している企業が増え、距離や情報量のハンデは減りつつあります。海外で日本企業による就職イベントも開かれ、多くの留学生が参加しています。

 中でも、アメリカのボストンで開催されるボストンキャリアフォーラムは、バイリンガル学生を積極的に採用する企業が勢ぞろいする大規模就職イベントとして、留学生から人気です。直近では11月18~20日に開かれ、例年を上回る1万人以上の求職者と200社を超える企業が一堂に会しました。

続きを読む

「ライフ」のランキング