産経ニュース

【鳥インフル】系列農場でも陽性反応 食用アヒル全羽を殺処分

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【鳥インフル】
系列農場でも陽性反応 食用アヒル全羽を殺処分

青森市で開かれた鳥インフルエンザの対策本部会議=2日午後 青森市で開かれた鳥インフルエンザの対策本部会議=2日午後

 青森県は2日、青森市北部の農場で食用アヒル(フランスカモ)が死んでいるのが見つかり、簡易検査の結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと明らかにした。11月28日に高病原性ウイルスが検出された農場から約350メートルの距離にある系列農場で、飼育しているアヒル全約4800羽の殺処分を3日午後までに終える方針。

 県によると、農場の経営者から2日午前「アヒル5羽が死に、他の多くも衰弱している」と連絡があった。県が死んだ3羽と衰弱した1羽を調べ、いずれも陽性反応を確認した。県や農林水産省が感染経路を調べる。

 青森市では11月28日、北部の農場で食用アヒルが高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染し、約1万8千羽の殺処分と地中に埋める作業が12月1日に完了したばかり。

 青森県はこの日、青森市南部で死んでいた野鳥のノスリ1羽からも、簡易検査で陽性反応があったと明らかにした。

「ライフ」のランキング