産経ニュース

【東京五輪】新国立競技場が12月11日に着工式 工事費1490億円、19年11月完成予定

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【東京五輪】
新国立競技場が12月11日に着工式 工事費1490億円、19年11月完成予定

10月28日、新国立競技場の内装について説明する隈研吾氏=東京都港区 10月28日、新国立競技場の内装について説明する隈研吾氏=東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の着工式が12月11日に行われることが26日、分かった。事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)関係者が明らかにした。旧計画の白紙撤回を経て再スタートしたプロジェクトはようやく本体工事に取りかかる。

 工期は約36カ月を見込んでおり、19年11月末の完成予定。関係者によると、早ければ11月28日からの週に建築確認申請の手続きが完了し、その翌日から本体工事に着手できる。

 政府は昨年12月の関係閣僚会議で、大成建設、梓設計と建築家の隈研吾氏が手掛けた案の採用を決定。ことし10月に約1490億円の工事契約を締結した。

「ライフ」のランキング