産経ニュース

子供のはしか死者13万人 ユニセフが発表

ライフ ライフ

記事詳細

更新


子供のはしか死者13万人 ユニセフが発表

 国連児童基金(ユニセフ)などは、2015年に世界ではしかに感染して死亡した子供が推計約13万4000人に上ったとする報告書を発表した。ワクチンの予防接種の普及を推進するよう国際社会に呼び掛けた。

 2000年時点の推計約65万2000人から約8割減少したが、毎日400人近くのペースで死者が出ているとしている。はしかが15年に大流行したとされる国はエジプト、エチオピア、ドイツ、キルギス、モンゴル。

 ユニセフは00~15年の間にワクチンの予防接種によって推計約2000万人の子供の命が救われたとしている。(共同)

「ライフ」のランキング