産経ニュース

【健康カフェ】(58)配偶者との別れ 死亡や病気のリスク高める

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ】
(58)配偶者との別れ 死亡や病気のリスク高める

 高血圧で通院している70代の女性は、数カ月前にご主人を病気で亡くされました。先日、それまで安定していた血圧が急に上がったと救急病院を受診。診察では特に異常はなく、追加の降圧薬を処方されて帰宅しました。その後に外来を受診したとき、「血圧が少し上がっただけで、すごく不安になってしまって。夫がいたときはこんなことはなかったんですが。いなくなって夫の存在の大切さに気付きました」と話していました。

 女性は幸い、死に至るほどの症状ではありませんが、さまざまな研究から、配偶者と死別した人は、そうでない人に比べ、死亡するリスクが3割ほど高いことが報告されています。この結果は、配偶者の存在が、健康的な生活を送ることと関係していることを示しています。

 近年のノルウェーの研究では、配偶者を失ってから1週間が最も死亡のリスクが高く、その後1年かけて徐々にリスクが低下していました。配偶者を亡くした人の死亡原因では、男女ともに肺炎が多く、男性ではがんや事故も増えていました。

続きを読む

「ライフ」のランキング