産経ニュース

教育機会確保法案、不登校関係者は賛否 「一歩前進」「子供追い詰める」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


教育機会確保法案、不登校関係者は賛否 「一歩前進」「子供追い詰める」

 教育機会確保法案をめぐっては、不登校関係者の間で賛否が分かれる。

 「多様な学びの在り方を認めてほしいと、運動を6年続けてきた。やっと形になる」。フリースクールなどを運営するNPO法人「東京シューレ」の奥地圭子理事長は、同法案が成立する見通しとなったことを歓迎した。

 「法案では、学校を休むことや学校以外の学びの在り方が大事な仕組みであることを認めている。不十分ながらも一歩前進だ」と立法の必要性を訴える。

 一方、「不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワーク」世話人の下村小夜子さんは、法案に反対の立場をとる。「不登校の子供を法律で区別し、学校以外を勧めるようになりかねず、かえって子供を追い詰める」と危惧する。

 「学校教育の充実を図り、柔軟に対応できる制度とすることが本筋だ」と話すのは、東京都国立市教育長などを歴任した教育評論家、石井昌浩さん。「フリースクールなどは自主的なもの。最後の手段として例外的に考えるのは必要だが、公教育は学校が基本にある。役割分担をきちんとしなければいけない」と指摘している。

「ライフ」のランキング