産経ニュース

【立川・高齢女性暴走事故】前日、看病で泊まり込み…「夫が危篤」「夕べは大変」と疲労していた80代女性 近くの住民「周囲を頼ってもらえていれば…」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【立川・高齢女性暴走事故】
前日、看病で泊まり込み…「夫が危篤」「夕べは大変」と疲労していた80代女性 近くの住民「周囲を頼ってもらえていれば…」

男女2人をはねて死亡させた事故を起こした車=12日午後6時20分、東京都立川市緑町の国立病院機構災害医療センター 男女2人をはねて死亡させた事故を起こした車=12日午後6時20分、東京都立川市緑町の国立病院機構災害医療センター

 立川市の病院で12日、歩道の男女2人が暴走車に巻き込まれ犠牲になった事故は、80代の女性運転手が危篤の夫を見舞い、帰宅の際に起きた。全国で高齢者の重大事故が相次ぎ「免許証返納などの措置が必要」との声もあるが、警視庁幹部は「生活のために運転せざるを得ない高齢者もいる。拙速な議論にならないよう社会全体で対策を考えるべきだ」と話している。

 ◆運転に「慣れない」

 住民らによると、車を運転していた上江洲(うえず)幸子さん(83)は立川市の東隣の国分寺市の自宅で夫と2人暮らし。子供はいなかったが、近所の人は「しっかりしていて元気な人だった。夫婦仲も良かった」と口をそろえる。

 隣に住む女性(75)によると、夫が自宅から5キロ以上離れた国立病院機構災害医療センターに入院したのは今年8月。上江洲さんは当初、バスと電車を乗り継いで病院まで通っていたが、9月ごろから車で往復するように。「雨の日や乗り継ぎが大変で、車の方が時間もかからず随分楽だ」と話していたという。

 警視庁によると、上江洲さんは5月に免許を更新。優良ドライバーとされるゴールド免許で、認知症や持病も確認されていないが、近所の女性(72)は「ご主人が入院する前は運転する姿はめったに見たことがなかった」。隣の女性も「『慣れない』と話していた。車庫に入れるのも大変で、そこらにぶつけたこともあった」と運転に不慣れな様子を振り返る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 前日、看病で泊まり込み…「夫が危篤」「夕べは大変」と疲労していた80代女性 近くの住民「周囲を頼ってもらえていれば…」
  • 前日、看病で泊まり込み…「夫が危篤」「夕べは大変」と疲労していた80代女性 近くの住民「周囲を頼ってもらえていれば…」

「ライフ」のランキング