産経ニュース

看護師にパワハラで女性歯科医免職 診療拒否も、山梨県富士吉田市

ライフ ライフ

記事詳細

更新


看護師にパワハラで女性歯科医免職 診療拒否も、山梨県富士吉田市

 山梨県富士吉田市は16日、職場の看護師らにパワハラ行為をしたほか患者の診療を拒否したとして、市立病院歯科口腔外科の大月佳代子歯科医師(58)を懲戒免職にしたと発表した。処分は15日付。

 改善措置を講じなかったとして樫本温院長(61)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした上、院長を解職。大月医師は市の聞き取りに対し「そういう事実は一切ない」と話しているという。

 市によると、平成25年2月~今年7月、看護師や歯科衛生士の計4人に「できないんだったらやめたほうがいいよ」などと冷たい言葉を掛けたり、適切な指示を与えずに放置したりした。うち1人は精神的苦痛のため退職した。大月医師は「紹介状に不備がある」などとして、特定の病院から紹介があった患者の診療を拒否したとしている。

 大月医師は以前勤務していた山梨大でもパワハラをしたと指摘され、民事訴訟になった。

「ライフ」のランキング