産経ニュース

【話の肖像画】ミス・ワールド日本代表、吉川プリアンカ(2)ガンジーとも親交、コルカタで見た貧困の現実

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
ミス・ワールド日本代表、吉川プリアンカ(2)ガンジーとも親交、コルカタで見た貧困の現実

(荻窪佳撮影) (荻窪佳撮影)

 〈4年生になり、米国から父の故郷であるインドのコルカタ(旧カルカッタ)に移住した。曽祖父はインドの政治家で、インド独立の父、マハトマ・ガンジーとも親交があったという。ガンジーが約2週間、自宅に寝泊まりしたこともあった〉

 インドは縁があったといっても、住むのは初めてだったのですが、コルカタで遭遇したのは衝撃の光景でした。入学した私立小学校では通学に車を利用していましたが、自分と同い年くらいの子供がその車を追っかけてきたりするんです。食べ物とかお金とか、物ごいのために。

 子供が道端に座っていたり、寺にいたり、川のほとりにも大勢いて。どの子も学校にも通えないホームレスなんですが、そういうインドではごく普通の光景を小4のときに目の当たりにしました。

 それは「衝撃」というよりも大きな疑問。学校に行ける人と行けない人がいて、朝ご飯が食べられる人と食べられない人がいて…。(米中枢同時テロを含めて)当たり前のことが当たり前でないと痛感したのが、小学生のころ。そうした海外経験を背景に、ミス・ワールドとして社会貢献活動に取り組んでいくという動機が芽生えていきました。(聞き手 柳原一哉)

「ライフ」のランキング