産経ニュース

【知っておきたい暮らしの作法】七五三について

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【知っておきたい暮らしの作法】
七五三について

 11月の年中行事といえば、子供の成長を祝う七五三です。なぜ、11月15日に決まったのでしょうか。満月の日に子供の成長と加護を祈願するようになったという説や、江戸幕府の第5代将軍、徳川綱吉が子供の成長を祝った日であったという説など諸説あります。

 小笠原流の伝書には「袴(はかま)着のこと。但(ただ)しおおかた七歳にてこれあるべし。また五つの歳にてもするなり」と記されています。一般的には、3歳の儀式を髪置き、5歳を袴着、7歳を帯解きといいます。

 医科学が発達する前は、「7つ前は神の子」という考えもありました。3歳、5歳、7歳は子供の厄年ともいわれていたことから、成長の節目にお参りをすることは自然であったといえます。昔は数え年で行いましたが、現在は満年齢で行うことが多いようです。

 さて、装いは3歳は出産で贈られた祝い着、5歳は紋付きの羽織に仙台平の袴、7歳は本裁ちの着物を肩揚げをして帯を結びます。忘れてはならないことは、七五三の主役は子供であり、付き添う親の装いが派手にならないことです。目安としては、子供よりも格をひとつ下げるとよいでしょう。

続きを読む

「ライフ」のランキング