産経ニュース

【快適生活学】歯周病ケア 歯茎マッサージで気持ちよく磨く

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【快適生活学】
歯周病ケア 歯茎マッサージで気持ちよく磨く

 11月8日は「いい歯の日」です。歯の状態で気になることはありませんか。毎日きちんと歯磨きしているという人も、この機会に歯茎の健康について考えてみましょう。

 厚生労働省の「歯科疾患実態調査」(平成23年版)によると、80代以上で自分の歯が20本以上残っている人の割合は増加傾向にあります。しかし50、60代では歯周病やその疑いのある人が8割以上に上り、いかに歯茎の健康を保つかが大切です。

 歯周病の主な原因は、細菌が蓄積した歯垢(しこう)であることは知られていますが、花王では歯茎の「血流」に着目した実態調査を実施。歯茎は年齢を重ねるとともに見た目が青白くくすみ、その原因の一つが歯茎への血流量の減少であることが分かりました。これは、健康な歯茎を維持する血流機能が年齢とともに低下し、歯周病の発生にも関与している可能性を示しています。

 そこでお勧めしたいのが、歯茎をマッサージしながら歯を磨くことです。通常の歯磨きに比べて、歯茎の広い範囲までマッサージするように歯磨きをした実験では、歯垢除去に加えて歯茎の血流がより増加する結果が得られています。

続きを読む

「ライフ」のランキング