産経ニュース

病人用低タンパク質食品、許可基準上回る 消費者庁認定の特別用途食品

ライフ ライフ

記事詳細

更新


病人用低タンパク質食品、許可基準上回る 消費者庁認定の特別用途食品

キッセイ薬品工業の「げんたそうめん」 キッセイ薬品工業の「げんたそうめん」

 消費者庁は2日、病気の人や高齢者などを対象に、健康上の効果について表示が許可された「特別用途食品」のうち、腎臓病の人向けに販売された低タンパク質食品2品で、国の許可基準を満たしていなかったと発表した。販売はすでに中止され、これまで健康被害の情報は寄せられていないという。

 問題となったのは、キッセイ薬品工業(長野県松本市)が販売していた低タンパク質食品の「げんたそうめん」と「げんたうどん」の2品。

 同庁は9月、効果のある成分を表示通り含まずに販売していたとして特定保健用食品(トクホ)の一部商品の許可を取り消したことに関連し、トクホ同様、同庁から特別用途食品の表示許可を受けている16社64品目についても、第三者機関による最新の成分調査結果を出すよう求めていた。

 同庁が調査結果を分析したところ、「げんたそうめん」で、100gあたりのタンパク質量が許可基準より0.2グラム超過していたことが判明。同社は2日、今回の調査では基準を満たした「げんたうどん」についても過去に基準を超えたことがあったとホームページで公表し、2品の販売を中止した。

このニュースの写真

  • 病人用低タンパク質食品、許可基準上回る 消費者庁認定の特別用途食品

「ライフ」のランキング