産経ニュース

気象衛星ひまわり9号載せ H2Aロケット午後打ち上げへ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


気象衛星ひまわり9号載せ H2Aロケット午後打ち上げへ

ロケットの機体側面を飾ったイラスト(日本宇宙少年団提供) ロケットの機体側面を飾ったイラスト(日本宇宙少年団提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は2日、気象庁の気象衛星ひまわり9号を載せたH2Aロケット31号機の打ち上げに向け、鹿児島県の種子島宇宙センターで準備を進めた。打ち上げは同日午後3時20分の予定。

 ロケットは2日未明に組立棟から発射場まで移動。その後、燃料の注入などの作業を実施した。当初は1日に打ち上げる予定だったが、悪天候が予想されたため延期していた。

 ひまわり9号は、現在運用されている8号にトラブルが発生した場合の予備の位置付け。8号と同型で、高性能のカメラを搭載し、カラー画像を撮影できる。約3カ月かけて機器の動作や性能を確認した後、2022年に8号と交代して本格運用する予定で、それまでは軌道上で待機する。

このニュースの写真

  • 気象衛星ひまわり9号載せ H2Aロケット午後打ち上げへ
  • 気象衛星ひまわり9号載せ H2Aロケット午後打ち上げへ

「ライフ」のランキング