産経ニュース

築地「場外市場」は豊洲に移転しない…19日に食の新スポット「築地魚河岸」がプレオープン!

ライフ ライフ

記事詳細

更新


築地「場外市場」は豊洲に移転しない…19日に食の新スポット「築地魚河岸」がプレオープン!

 場外市場の入口には「築地に残ります!」のアピール文が掲げられている  場外市場の入口には「築地に残ります!」のアピール文が掲げられている

 日本一の台所と呼ばれる東京・築地市場。今年11月に予定されていた豊洲への移転は、盛り土の問題などが紛糾して宙に浮いているが、移転をめぐり騒動となっているのは主に業者向けの東京中央卸売市場、いわゆる「場内市場」だ。メディアによる報道を見聞きしていると、一般客にもなじみの「場外市場」まで移転するとの印象を受けかねないが、およそ400店舗が軒を連ねる場外市場は、今後も築地に残ると決まっている。〈産経netShop〉

 その「場外」に今月19日、新たなにぎわいの拠点と期待される「築地魚河岸」がプレオープンする。約60店舗が入居予定で、鮮魚や干物、青果物を一般客も買うことができる。築地ならではの食材が集まる新スポットの誕生により、プロの料理人の仕入れはもとより、一般客、観光客の買い物の利便性も増しそうだ。

 「築地魚河岸」は場内市場が江東区の豊洲に移転した後も築地の活気を守るため、築地のある中央区が約35億円をかけて整備した。10月15日にプレオープンする予定だったが、豊洲移転問題のあおりを受けて開場を延期。その後も移転の見通しが立たないことから、プレオープンに踏み切る。

 施設は場外市場の一角にあり、晴海通りに面した「小田原橋棟」(地上3階、4100㎡)と波除通りに沿った「海幸橋棟」(同2階、3300㎡)の2棟がL字型に並ぶ。ガラス張りの外観は、昭和の雰囲気が色濃い場外の店舗群とは好対照だ。

 店舗の営業時間は午前5時から午後3時の予定。午前9時ごろまでは業務用仕入れ向けがメーンとなり、その後に一般客、観光客向けというすみ分けを謳っている。目利きが店を連ねる新施設は、年末商戦を控え、築地の新たな名所となりそうだ。

築地市場お取り寄せグルメ特集はコチラ(産経netShop)

このニュースの写真

  • 築地「場外市場」は豊洲に移転しない…19日に食の新スポット「築地魚河岸」がプレオープン!
  • 築地「場外市場」は豊洲に移転しない…19日に食の新スポット「築地魚河岸」がプレオープン!
  • 築地「場外市場」は豊洲に移転しない…19日に食の新スポット「築地魚河岸」がプレオープン!
  • 築地「場外市場」は豊洲に移転しない…19日に食の新スポット「築地魚河岸」がプレオープン!

「ライフ」のランキング