産経ニュース

具体例でいじめ定義の明確に 被害者への説明指針も 対策協議会が提言

ライフ ライフ

記事詳細

更新


具体例でいじめ定義の明確に 被害者への説明指針も 対策協議会が提言

 国のいじめ防止対策協議会は24日、いじめ防止対策推進法で定義されているいじめや、子供の心身に深刻な被害が出る「重大事態」について、具体例を示して解釈や範囲を明確化するよう文部科学省に求める提言を大筋まとめた。認識の違いを解消し、いじめ見逃しを防ぐのが狙い。

 推進法は、いじめを「一定の関係にある子供が行う心理的または物理的な影響を与える行為で、当該の子供が心身の苦痛を感じているもの」と定義している。

 協議会は定義の解釈が学校や教員で異なり、把握に差が出ていると指摘。本来なら該当するのに、いじめと扱われなかった事例や、重大事態かどうか判断が分かれた事例を複数示すよう求めた。重大事態を把握した場合、学校は事実関係を調査し、被害者らに情報提供することになっているが、被害者側の意向が反映されないことがあるとして、調査方法や結果説明の手続きを定めた指針を作成すべきだとした。

このニュースの写真

  • 具体例でいじめ定義の明確に 被害者への説明指針も 対策協議会が提言

「ライフ」のランキング