産経ニュース

花がもたらす癒しの効果 高齢者や子供の心のケアに

ライフ ライフ

記事詳細

更新


花がもたらす癒しの効果 高齢者や子供の心のケアに

特別養護老人ホームでセラピーを続けるひらのひろみさん(右)=神戸市垂水区 特別養護老人ホームでセラピーを続けるひらのひろみさん(右)=神戸市垂水区

 この日参加していた女性(84)は「きれいなお花が好きだから、毎回楽しみ」とほほえんだ。ひらのさんは「認知症の方の言葉数が増え、表情が明るくなったり、意欲が生まれたりします。薬に頼らないケアとして活用が広がれば」と話す。

 ◆一人一人に役割

 日本古来の華道が持つ「すべての花に価値と役割を持たせる」という考え方を生かし、ひとり親家庭や不登校、DV、精神疾患などに苦しむ人の社会参加を促す取り組みもある。

 京都市右京区のNPO法人「フラワー・サイコロジー協会」では華道と生き方をリンクさせる「花と心の教室」を中心に、さまざまなワークショップでこうした人たちを迎える。同法人理事長で華道家の浜崎英子さん(51)は「花を生けながら人生について考えることで、一人一人を大切にする考え方がより身につきます」と話す。

 たとえば短く切りすぎて「失敗した」と思った花でも、「おかげで面白いものが作れる」「これに挑戦してみよう」と違う角度から考えれば素晴らしい花に変わる。こうした経験を人生におきかえ、自分の考えを変えれば未来が変わることを実感できるという。

 花と心の教室では、花の感触やにおいなどの五感を大切にし、好きだと思った部分を生かすよう促す。4年前から参加する50代の主婦は「少ないお花でも、それぞれに存在感が生まれて感動する。心が落ち着き、解放される時間です」とうなずいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 花がもたらす癒しの効果 高齢者や子供の心のケアに

「ライフ」のランキング