産経ニュース

【編集者のおすすめ】現代世界を理解するために 『仕事に効く 教養としての「世界史」II』出口治明著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集者のおすすめ】
現代世界を理解するために 『仕事に効く 教養としての「世界史」II』出口治明著

仕事に効く 教養としての「世界史」II 仕事に効く 教養としての「世界史」II

 「将来、何が起こるかは誰にもわからないけれど、悲しいかな、教材は過去にしかない」。これは、日本初の独立系生命保険会社、ライフネット生命保険を立ち上げた、同社代表取締役会長、出口治明さんの言葉。出口さんは大の歴史好き、読書好きで、歴史の知識・見識、教養の深さに、一目置かれている存在です。

 本書は、2014年に出版した『仕事に効く 教養としての「世界史」』の第2弾。前著は、出口さんが初めて歴史を扱った本ですが、発売以来、途切れることなく、多くの方から感想とともに2作目へのリクエストをいただき、本書が誕生しました。

 米中の覇権争い、EUの行く末、中東情勢など、先の見えない時代だと感じることの多い昨今、世界の国や地域がどのような道を歩んできたのかを知ることは、仕事でも、日々の生活を送るうえでも、ますます重要になっています。その点を踏まえ、今回は「戦争」「宗教」という大きな視点から、「16世紀」「イスラム世界」「インド」「エジプト」「唐宋革命」「ラテン・アメリカ」「ドイツを統一したプロイセンと第一次世界大戦」など、現代の世界を理解するのに欠かせない10のテーマを取り上げます。

 最終章では、これからの世界と日本を考えます。「歴史を見れば『悲観論』は全敗です」と常々おっしゃっている出口さんが、「ファクト」から示す世界は明るい。むやみに不安がるのではなく、過去に学ぶことの大切さを改めて実感する一冊。ぜひご一読ください。(祥伝社・1800円+税)

 祥伝社書籍編集部 栗原和子

「ライフ」のランキング