産経ニュース

「バスタ新宿」渋滞緩和のはずが悪化していた 「都合が悪いので」公表せず

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「バスタ新宿」渋滞緩和のはずが悪化していた 「都合が悪いので」公表せず

高速バスが行列する「バスタ新宿」前の国道20号 =東京都新宿区 高速バスが行列する「バスタ新宿」前の国道20号 =東京都新宿区

 オープンから4日で6カ月を迎えた全国最大のバスターミナル「バスタ新宿」(東京)の開設後、緩和が期待されていた近隣の国道20号の渋滞が、平日の上りでは逆に悪化していたことが分かった。調査を5月に実施した国土交通省・東京国道事務所は、「渋滞が緩和した」とする結果が得られた休日分のみを公表していた。同事務所は「都合が悪かったので平日分は公表しなかった」と説明。今月中に再検証を行う方針を示している。

 バスタ新宿は新宿駅周辺に散在していた高速バス停を集約して4月に誕生し、JR新宿駅新南口と直結した。施設の目の前には国道20号が走り、1日最大1600台のバスが発着する。

 オープン前は午後8時台をピークに、最大16台のタクシーがタクシー乗り場を先頭に行列して走行車線にはみ出し、渋滞を引き起こしていたという。だが、渋滞発生の原因となっていたこのタクシー乗り場をバスタ新宿の3階に収容。同国道事務所は5月、オープン前と比較した渋滞の最大延長が、「(上りは)140メートルがゼロになり、(下りは)560メートルが340メートルに4割減少した」とする調査結果を発表した。

 しかし、発表されなかった平日分では、下りで約4割改善していたものの、上りでは西新宿1丁目交差点から約1割悪化していた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「バスタ新宿」渋滞緩和のはずが悪化していた 「都合が悪いので」公表せず

「ライフ」のランキング