産経ニュース

「社内運動会」復権の兆し 社員の絆強め士気高まる 「一体となれるのが運動会の魅力

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「社内運動会」復権の兆し 社員の絆強め士気高まる 「一体となれるのが運動会の魅力

20年ぶりに復活した松屋の社内運動会。約1500人が参加する盛況ぶりだった (同社提供) 20年ぶりに復活した松屋の社内運動会。約1500人が参加する盛況ぶりだった (同社提供)

 ◆配慮し合える

 景気の悪化や、休日はプライベートで楽しみたいと望む社員の増加などを理由に、平成に入った頃から、社内運動会を廃止する企業が増えた。しかし、新入社員の中には、運動会の開催を前向きにとらえる風潮もあるようだ。

 公益財団法人日本生産性本部(渋谷区)が今年3月から4月にかけて、同法人が実施する研修に参加した新入社員1951人を対象に実施した調査によると、「会社の運動会などの親睦行事は参加したい」という設問に対し、「そう思う」と答えた人は82・3%に上った。

 グンゼ(大阪市北区)は24年に就任した児玉和社長の呼びかけで26年、26年ぶりに社内運動会を復活させた。3回目となった今年は9月下旬に大阪府門真市の体育館で開催。社員や家族ら約450人が参加した。

 初参加の同社秘書室、許本幹子さん(30)は運動会の応援団に所属。1カ月前から練習を始め、自宅でもほぼ毎日、就寝前の30分間を自主練習にあてた。練習のかいがあり、応援の部で優勝。「応援団のメンバーは、普段仕事で関わることのない他部署の人ばかりでしたが、人脈が広がりました」と喜ぶ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「社内運動会」復権の兆し 社員の絆強め士気高まる 「一体となれるのが運動会の魅力
  • 「社内運動会」復権の兆し 社員の絆強め士気高まる 「一体となれるのが運動会の魅力

「ライフ」のランキング