産経ニュース

「社内運動会」復権の兆し 社員の絆強め士気高まる 「一体となれるのが運動会の魅力

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「社内運動会」復権の兆し 社員の絆強め士気高まる 「一体となれるのが運動会の魅力

20年ぶりに復活した松屋の社内運動会。約1500人が参加する盛況ぶりだった (同社提供) 20年ぶりに復活した松屋の社内運動会。約1500人が参加する盛況ぶりだった (同社提供)

 かつて日本の企業でさかんに開催されていた「社内運動会」が注目を集めている。長く廃止していた企業が復活させたり複数の中小企業が合同で開催したり、さまざまな形で行われている。企業を取り巻く環境が厳しくなり、人間関係が希薄になる中、社員同士の絆を強めたり、士気を高めたりするのが狙いのようだ。(木ノ下めぐみ)

                   

 ◆1500人の熱気

 6月上旬、東京都墨田区の両国国技館。百貨店の松屋が20年ぶりに社内運動会を復活させた。景気悪化を理由に平成8年から中止していたが、31年の創業150周年の節目を控え、社員の一体化を図りたいと運動会復活を求める声が上がり、今回限りの取り組みとして企画された。

 開催されたのは銀座店(東京都中央区)の休業日。同店の社員の大半とその家族、取引先など約1500人が参加。綱引きやリレーなどを楽しんだ。企画に関わった同社総務部広報課の大原純さん(45)は「20年前は社員だけで行っていたので、これほどの参加者数は初めて。すごい熱気でした」と振り返る。企画段階では「せっかくの休業日なのに」と否定的な意見もあったというが、「大盛況だった。来年以降の継続を望む社員も多い」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「社内運動会」復権の兆し 社員の絆強め士気高まる 「一体となれるのが運動会の魅力
  • 「社内運動会」復権の兆し 社員の絆強め士気高まる 「一体となれるのが運動会の魅力

「ライフ」のランキング