産経ニュース

【知ってる?!】“年齢肌”に効く酵母(3)細胞から見る肌の老化

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【知ってる?!】
“年齢肌”に効く酵母(3)細胞から見る肌の老化

真皮と表皮 真皮と表皮

 美しい肌に欠かせないハリや潤いだが、年齢を重ねるにつれて徐々に失われるのは世の多くの女性の悩みだ。肌は外側の「表皮」とその奥にある「真皮」の2層構造になっている。表皮と真皮それぞれに肌の保湿・弾力を保つための細胞が存在し、真皮の線維芽細胞はコラーゲンやヒアルロン酸などのハリ成分を生成、表皮の角化細胞は潤いを保つ働きをする。

 しかし、これらの細胞は加齢や紫外線などのストレスにより減少し、一つ一つの働きも低下する。それによりハリ成分も減少、「ターンオーバー」と呼ばれる皮膚の生まれ変わりも鈍り、水分を十分に保てなくなる。それがたるみやしわ、きめの乱れとなって表面に現れる。細胞そのものと細胞が作り出す成分の減少、いわゆる「肌の老化」だ。

続きを読む

「ライフ」のランキング