産経ニュース

【宮内庁・風岡典之前長官退任会見 一問一答(下)】「(水俣で)陛下が述べられたお言葉を聞いて感動的でした」「できるだけ取材受けない静かな環境で…」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【宮内庁・風岡典之前長官退任会見 一問一答(下)】
「(水俣で)陛下が述べられたお言葉を聞いて感動的でした」「できるだけ取材受けない静かな環境で…」

会見した、宮内庁の風岡典之前長官=27日、東京都千代田区の宮内庁(寺河内美奈撮影) 会見した、宮内庁の風岡典之前長官=27日、東京都千代田区の宮内庁(寺河内美奈撮影)

 --4年余り長官を務められ、苦悩する様子もありました。厳しかった状況、判断についてお聞かせください

 「難しいですね…。今の時代はどの組織においても、責任ある立場の人はいろんな形で、前例が必ずしも参考にならない時代ですので、そういう苦悩は持っていると思います。宮内庁だけではなく、どの組織も大なり小なり持っているということで。原点は何かと考えながら、いろんな答えを出していくんじゃないかなと思います。私だけが特別に苦悩のときを過ごしたのではなく、それが今の時代では当たり前かなと思います」

 --両陛下からは、退任にあたってどのようなお言葉をかけられたのか教えてください。また、自然災害、戦災の慰霊、いろんな方々へのお声がけなどのなさりようを見てきました。同行されて印象的だった訪問先などがあれば

 「本日、両陛下と拝謁の機会をいただきまして、両陛下からは温かいお言葉をいただきました。趣旨としては、長い間ご苦労であったということと、これから健康に留意して過ごすように、というようなお言葉をいただきました」

 「行幸啓ではそれぞれいろんな思いがありますが、熊本県の水俣に行かれて、あのときに陛下が最後にお言葉を述べられました。私自身がお言葉が出ることを承知していなかったので、その場で聞いて感動的でした。『真実に生きる社会が必要だ』ということを言われたことですね、あえて言いますと。そのことが(印象的だった)」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「(水俣で)陛下が述べられたお言葉を聞いて感動的でした」「できるだけ取材受けない静かな環境で…」
  • 「(水俣で)陛下が述べられたお言葉を聞いて感動的でした」「できるだけ取材受けない静かな環境で…」
  • 「(水俣で)陛下が述べられたお言葉を聞いて感動的でした」「できるだけ取材受けない静かな環境で…」

関連ニュース

【宮内庁・風岡典之前長官退任会見 一問一答(上)】「あるスタートの役割を果たさせていただいた」「象徴としての重みを拝することがあった」

「ライフ」のランキング