産経ニュース

富士入山料支払い51・4%、受付時間前倒しで、静岡

ライフ ライフ

記事詳細

更新


富士入山料支払い51・4%、受付時間前倒しで、静岡

県が富士山5合目に設けた入山料の受付場所=8月18日 県が富士山5合目に設けた入山料の受付場所=8月18日

 静岡県は27日、世界遺産の富士山で、平成28年に徴収した入山料総額が、昨年より299万円増の4645万円だったと発表した。登山者数のうち支払った人の割合を示す協力率は、昨年比4・7ポイント増の51・4%だった。支払った人数は4368人増え4万8160人。

 県の担当者は「登山口の受付時間を昨年より2時間早めたことが、増収につながった」と話している。

 県富士山世界遺産課によると、環境省のデータを基に、開山期間(7月10日~9月10日)に県内3登山口の8合目を通った登山者約9万3000人を基準に算出した。

 山梨県側の入山料の徴収額は2465万円増の9569万円だった。

 入山料は「富士山保全協力金」の名称で、静岡、山梨両県の登山口で1人1000円を任意で徴収。登山道の整備や安全対策に充てられる。

「ライフ」のランキング