産経ニュース

【節約家計簿】マイナス金利の影響じわり

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【節約家計簿】
マイナス金利の影響じわり

 日銀がマイナス金利政策を導入してから半年以上が経過しました。マイナス金利は、金融機関が日銀の当座預金に預ける際の金利なので、私たちが銀行に預けた預金が元本割れするという話ではないものの、もともと低かった定期預金の金利や、住宅ローンの金利が下がるなどしています。消費者にとって、住宅ローンの金利が下がるのは有利ですが、定期預金の金利は限りなくゼロに近づき、金融商品に似た仕組みの商品を見直す動きも出てきています。

 JTBから先日、「たびたびバンク」の金利が引き下げられるという旨の通知がありました。たびたびバンクとは、旅行資金を積み立てる商品。毎月積み立てたり、まとまったお金を預けたりすることで、金利に相当する「サービス額」を受け取ることができます。

 プランは3種類あり、私は毎月一定額を積み立て、お金に余裕があるときは追加で入金できる「フリープラン」を利用しています。通知によると、来年1月の積み立て分から、金利が現行の1・5%から0・8%に引き下げられます。マイナス金利政策の影響が広がる中、「1・5%の金利がいつまで続くのかな」と思ってはいましたが、有利な商品はどんどん減っています。

続きを読む

「ライフ」のランキング