産経ニュース

【視線】安倍昭恵夫人も心配 十和田市は新渡戸稲造の歴史的遺産を守る使命感を持つべきだ 編集委員・安本寿久

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【視線】
安倍昭恵夫人も心配 十和田市は新渡戸稲造の歴史的遺産を守る使命感を持つべきだ 編集委員・安本寿久

 その日、9月4日は中国・杭州で、20カ国・地域(G20)首脳会議が開幕した日だった。安倍晋三首相に同行してもおかしくなかった昭恵夫人は、東京・上野の東京文化財研究所にいて、地域博物館シンポジウムであいさつに立っていた。

 「昔から日本人が持っていた精神性を取り戻し、世界に発信する責任を果たすために主人は頑張っています。私もその手伝いをするために、訪中にはついてゆかず、ここに来ました」

 シンポジウムのタイトルは「新渡戸稲造の精神をどう活かすのか~新渡戸記念館の現状と未来への挑戦~」。全国の博物館・資料館のうちの少なくない数が、自治体の合併や財政難などで存続危機にあるなか、そこに保管されている資料、文化財をどう守り、情報発信に結びつけるかを話し合うため、日本博物館協会や全日本博物館学会などの協力で開かれたシンポジウムだった。

 討論の対象になったのは青森県十和田市立新渡戸記念館である。市立と名がついているが、すべてを市が賄って建設・運営してきた記念館ではない。もともとは著書『武士道』で日本を世界に知らしめた元国際連盟事務次長、新渡戸稲造の蔵書約7千冊などを集めた私設新渡戸文庫だった。そこに市が、永久保存を条件に蔵書などの寄託を求め、新渡戸家が無償貸与した土地に建設したのが同館である。開館は昭和40年のことだ。

続きを読む

「ライフ」のランキング