産経ニュース

個人型確定拠出年金、愛称は「iDeCo」に決定 厚労省

ライフ ライフ

記事詳細

更新


個人型確定拠出年金、愛称は「iDeCo」に決定 厚労省

 個人型確定拠出年金の愛称「iDeCo」を発表する選考委員の杉山愛さん(右)ら=16日午前、厚労省  個人型確定拠出年金の愛称「iDeCo」を発表する選考委員の杉山愛さん(右)ら=16日午前、厚労省

 公的年金に上乗せする私的年金の一つ「個人型確定拠出年金」が、来年1月から誰でも利用できるようになるのに合わせ、厚生労働省は16日、制度の愛称を「iDeCo(イデコ)」に決めた。覚えやすい名前で認知度を高め、普及につなげる狙い。

 確定拠出を意味する英語の頭文字の「DC」に、個人で運用する制度の特徴を踏まえ「i」を組み合わせた。選考委員を務めた元テニスプレーヤーの杉山愛さんは「かわいくてスタイリッシュな名前になった。皆さんに親しんでほしい」と話した。

 個人型確定拠出年金は加入者本人が掛け金を負担し、株式や債券、生命保険などの運用商品に投資する仕組み。従来は加入対象者が自営業者や一部の会社員に限られていたが、来年1月からは主婦や公務員にも拡大され、基本的に誰でも加入できるようになる。

 運用結果によってもらえる年金額が増減するが、掛け金や運用益が非課税になるなど税制面の優遇が大きい。

「ライフ」のランキング