産経ニュース

阿部勝征氏死去 地震・津波研究の第一人者

ライフ ライフ

記事詳細

更新


阿部勝征氏死去 地震・津波研究の第一人者

阿部勝征氏 阿部勝征氏

 地震・津波研究の第一人者で東京大名誉教授の阿部勝征(あべ・かつゆき)氏が9日、肺がんのため死去した。72歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻、法子(のりこ)さん。

 東京都出身。昭和43年東大理学部卒。北海道大、米カリフォルニア工科大などを経て平成元年、東大地震研究所教授。津波の高さなどから地震の規模を求める「津波マグニチュード」の手法を提唱した。

 政府の地震調査委員会委員長、東海地震の予知を目指す気象庁の地震防災対策強化地域判定会長などを歴任。地震の防災や知識の普及に尽力した。東日本大震災後は内閣府検討会の座長として南海トラフ巨大地震の揺れや津波の想定をまとめた。

「ライフ」のランキング